結婚する相手に難易度の高い条件を突きつける場合には

一般的に結婚相談所では、担当者が趣味嗜好や考え方などをチェックした上で、カップリングしてくれるので、独力では探しきれないような予想外の人と、親しくなる事だって夢ではありません。
率直なところ婚活をすることに魅力を感じていても、有名な結婚紹介所やパーティーイベントなどに参列するというのは、ちょっと抵抗感がある。それならチャレンジして欲しいのは、最新の流行でもある在宅のまま利用可能な、ネットの婚活サイトなのです。
予備的に評判のよい業者のみをピックアップし、そこを踏まえた上で女性たちが使用料が無料で、複数会社の多種多様な結婚情報サービスを比べることのできるサイトが人気が高いようです。
食卓を共にするお見合いだったら、マナーや食べ方といった、一個人の中枢を担うところや、生い立ちが浮かび上がるため、結婚相手を知るという狙いに、大層当てはまると思うのです。
結婚する相手に難易度の高い条件を突きつける場合には、登録車の水準の偏差値が高い結婚紹介所、結婚相談所を吟味すれば、中身の詰まった婚活にチャレンジすることが可能になるのです。

仲人を仲立ちとしてお見合いの後何度かデートしてから、結婚するスタンスでの恋人関係、言い換えると2人だけの関係へと転じてから、結婚という結論に至る、という道筋となっています。
イベント開催が付いている婚活パーティーへ出席すると、共に作品を作ったり、スポーツの試合を観戦したり、専用のバスや船などで行楽したりと、いろいろなムードを享受することができるようになっています。
条件を入力して検索するタイプの婚活サイトといった所は、自分の願う人を担当者が引き合わせてくれるサービスはなくて、自らが自発的に前に進まなければなりません。
最近人気の婚活パーティーは、お見合い系コンパ、カップル化パーティー等と命名されて、日本国内で大規模イベント会社は元より、有名な広告代理店、業界トップクラスの結婚相談所などが企画し、開かれています。
数多い結婚紹介所のような場所の聞きあわせをして、比較検討の末決めた方がいいはずなので、あんまり知識を得ない時期にとりあえず契約するというのは頂けません。

当たり前のことですが、人気の結婚相談所と、交際系サイトとのギャップは、きっぱりいって信用度でしょう。申し込みをする際に受ける選考基準というのは想定しているより厳密なものになっています。
結婚相談所と聞いたら、どうしても物々しく考える場合が多いようですけれども、交際相手と出会うよい切っ掛けと軽く心づもりしている使い手が大半を占めています。
今日この頃では、婚活パーティーを企画立案している会社毎に、終了後に、好感触だった人に繋ぎを取ってくれるような仕組みを付けている手厚い会社も増えてきています。
お見合い同様に、差し向かいで時間をかけて会話する時間はないので、婚活パーティーのような所で異性の参加者全てと、軒並み会話を楽しむという方針が使われています。
世間的な恋愛と隔たり、「お見合い」といえば、媒酌人をきちんと間に立てて対面となるため、当事者に限ったやり取りでは済みません。少し連絡したい事があるような場合も、お世話をしてくれる仲人さん経由で申し入れをするというのがマナーに即したやり方です。

シミ取りの後

第一線で頑張ってきた友人の女医が、もう疲れた。。。とアンチエイジングに特化した美容外科を皮膚科のパートナーを従えて開業したのは6年ほど前でした。
外科は彼女が、皮膚科は彼女の後輩の女医さんが担当。
オープンの時にお祝いにと駆けつけました。
「もっと大きな二重にでもする?」といきなり訊かれて「いやだ!今の二重で充分だ。」と断ると、「じゃ、シミ取りしてあげるわ。」と言います。
シミ取りぐらいならいいか。。。と思って承諾したのですが、失敗だったわあ。
痛いんだもの!
レーザーでバチバチっと焼くのかな?とにかくバチバチ!とすると、シミがベロッとハゲるの。
その後はヤケドみたいな感じになるので、しばらく乾くまではほっとかなければなりません。
そのバチバチを一回してもらうと痛かったので、「麻酔してくれ!全身麻酔!」と騒いだのですが、部分麻酔だけしかしてくれませんでした。
当たり前ですね。
「きっと麻酔の針のほうが痛いはずよ!」と彼女は言いましたが、いえいえいえいえ、バチバチの恐怖のほうが勝りますって!

盛大に6個ほどヒン剥いてくれたのですが、その後もじんわり痛い。
そうですよね、ヤケドみたいなもんですもん。
「あんたシミ取りした後は、絶対に日焼け止め欠かさんようにしないとイカンよ。
もっとひどいシミができるヨ!」
うんうん、解った解った。。。力なく答えました。

それから6年ほど経ってますが、もうね、取った場所は更に大きなシミになってますって!
そんなに細やかに日焼け止めなんか塗りませんって!
家の中に居る時も日焼け止めしておいてね!と彼女は言っていましたが、一回たりともしていません。
外に出るときは一応のことしますが、塗り直しなんかしたことありません。
こんな人はシミ取りとかしちゃいけないんです。
ダイエットのリバウンドと同じですね。。。

外科的にシミを取るなどはせず、気休めとわかっていても「ホワイトニングなんとか」などを使ってればいいんです、ちゃんと聞き分けられるいい子以外は。
私は聞き分けがない子ですから、もう絶対に「アフターケア」が必要なものなんかしません!

なぜ、私がここまで神経質にシミについて悩んでいるかというと、sett.jpという婚活パーティーを紹介してもらって、今度行くんですよ。
だから、余計に最近気になるんですよね。
男性を意識すると、やはりこのシミ気になるんです。
向こうも本気でくるから、綺麗にしたいし。

でも、鏡を見て、「ありのままのアナタが好き」と、」自分で自分に言うことにします。
そして、そんな私に出会いがありますように。

戻るべき場所

東京に行っていた友人が何十年ぶりに関西に戻ってくることになりました。きちんと住まいもうつして、腰を落ち着けるということなので実質のUターンということになります。
俺は関西になんか帰らない。東京が一番だと言っていた人だったので、なんの心変わりかと最初は思いました。実際は、東京にいなくても出来るということに気づいたようです。
東京に固執する必要はなくて、これだけ通信網が発達した今では世界のどこにいたって出来るんだとわかったみたいです。

それはもう何年も前から私は言っていて、早く帰ってきたらいいのにと言っていました。彼のご実家は裕福なので、家に帰れば彼専用の家くらい用意してもらえるのです。
まあ最初に東京に出て行った理由は、その過保護な環境から抜け出したいということでした。ですから、そこに戻りたくない気持ちもわからないではないのです。
ただもういい歳ですし、そろそろご両親の気持ちも汲んであげたらいいじゃない、と言いたかったのです。

私は30代ですが、この年代になるとちょっとしたUターンラッシュがあったりします。若い頃夢をみて家を飛び出した人たちが、落ち着いて戻ってきたりするのです。

特に東京での生活に疲れて帰ってくるという人も多いですね。夢を追いかけて成功するのはほんの一握りで、それ以外の人たちは当初望んでいなかった仕事をしたりするのです。
そのまま東京で暮らす人もいますが、私の周りの半分くらいは帰ってきています。

そのため、この年になって、地元でプチ同窓会が週末に開催されます。
その時間は、昔に戻ったようでとても楽しい時間を過ごすことができます。
もちろん、会話の内容は当時とガラリと変わり、性能の良い脱毛器を比較してみたり、婚活について議論したり、
それでも心を底を打ち明けられる友達と再開できるのは嬉しいものです。

一方、病気になって帰ってきた友人もいました。東京に憧れて大学から上京し、そのまま就職。何もかも憧れのまま社会人になり、現実とのギャップの中で苦しんでいたのでしょう。
精神を病んでしまい、1人で生活ができなくなったことから実家に戻ってきたそうです。直接は会っていませんが、色々と大変なことがあったに違いありません。
それでもまた東京に行きたいと言っているそうで、いったいどんな魅力があるのかと気にはなります。

人にはそれぞれ行くべき場所と、戻るべき場所があります。自分で何もかも決めているようで、実はそうではないのです。こんなところに戻るものかと思って出ていく若者。
それでも思いのほかうまくいかずに戻ってくるわけですから、そこは自分の意思のようでそうではないんですね。そういった流れには逆らわないことです。一旦戻るのが吉。
どうしてもまたやりたければ、もう一度充電してから再びチャレンジすればいいのですからね。

本日のメインは

晩御飯用にと鶏のもも肉を冷凍庫から出したけれど、いったい何にしようかしら。
旦那様のダイエットのため、もう数年前から、揚げ物は週1回程度と決めている私。
先日カキフライをしたので、今週はもう揚げ物はしないと決めています。
から揚げなら簡単なんだけどなぁ。
塩系もケチャップ系も最近食べた気がする、違う味付けのはないかしら。
毎日食事の献立を考える主婦は大変です。

その時ふと、先日の娘の言葉を思い出しました。
「チキン南蛮が食べたいな~。ママ、今度作ってよ。」
そうだ、チキン南蛮にしょう!
確か揚げないレシピがあるはずです。
すぐにネット検索。
ほぉら、あったよ。

たまごと小麦粉を混ぜてから、大きめに切った鶏肉に絡めて多めの油で焼くだけレシピです。
南蛮に使う甘酢は、いつも購入しているお店のもの。
我が家ではこれが定番なのです。
自分で普通に甘酢を作ったこともあったのですが、やっぱりコクが足りないんですよね。
お店のものの成分を見ると、カラメルなんて入っていたりしますしね。
そのうちマネして作ってみよう、と思いながらやっぱり今日も市販品です(笑)

両面を焼き揚げたお肉をレンジでチン。
我が家はハンバーグもこの方法ですることが多いです。
レンジをすると固くなりやすいと言いますが、すぐに食べるなら特に問題なし。
熱々の鶏肉を甘酢に漬け込みます。

タルタルソースは自家製です。
いろいろなレシピを試してたどり着いたお気に入り。
ゆで卵やピクルスは使わないシンプルなものですが、一番使いやすい味です。
材料はマヨネーズ、砂糖、牛乳、レモン汁、玉ねぎのみじん切り、そして乾燥パセリ。
玉ねぎはしっかり水にさらして絞ると辛いのが苦手な子どもでも大丈夫です。
これをたっぷりかけたら出来上がり。

無事にメインのおかずが仕上がったのでした。
さぁ、明日は何にしよう・・・。

毎年4月の終わりになると…

ゴールデンウィークのある日、当時19歳だった従兄が交通事故に遭ってこの世を去った。
当時の私はまだ中学生。
受験生ではあったけれど、まだ本腰を入れて勉強をしている時期ではなかった。
我が家には、ゴールデンウィークにお出掛けをするという習慣がなかったので、その日も皆がバラバラの行動をしていた。

夕食の時間になった頃、伯母から電話が入った。

「○○が交通事故で死んじゃった。」

夕方のニュースでは報道されたらしいが、誰もそれを目にした者はいなかった。
突然死んじゃったと言われても…。

家族4人で車に乗って、言われた救急病院へ急いだ。
家の前を通ると、従兄のバイクが置いてあり、死んでしまったという一方を受けているにもかかわらず、死んでないではないかと思ってしまった。

しかし、救急病院に行くと、そこには息を引き取った従兄が横たわっていた。
交通事故など他人事だと思っていた私に、現実とはこういうものだと見せつけられる初めての出来事だった気がする。

あれから21年。
毎年4月の終わりになると心がザワザワする。
虫の報せというのだろうか?
この事故があった数日前、29日のみどりの日に泊まりに行った。
意味もなく遊びに行きたくて、妹と一緒に泊まりに行ったのだ。

従兄はいい歳だったので、私達と遊ぶようなことはなかった。
帰る日の夜には一緒にご飯を食べ、車で迎えに来た母に桑田さんのCDをダビングしたテープをプレゼントしてくれた。
これが最後になろうとは…。

命日である日よりも、みどりの日前後になると私の心は荒らされる。
どうしようもない苦しみで。
自分の責任ではないが、あの日遊びに行かなかったら、彼の人生の歯車は変わらなかったのだろうかと思うことがある。
そんなに単純なことではないのだが…。

毎年同じようなことを語っている。
そしてまた、今年もその日を迎えようとしている。

気持ちが沈む話から一転して、最近、名古屋へ移住した。
私はよくエステなど美容院に行くのだが、名古屋で脱毛できるところを探している。
先日、友人にオススメされた場所があるので、今度行ってみようと思う。

心配なのはわかるけど、ひどい話です

今日、なんだか切ないニュースを見ました。
福島のお土産品がサービスエリアやパーキングエリアのゴミ箱に捨てられているというのです。
おそらくは福島に帰省した際に持たされたお土産だろうということですが、ひどい話です。
それ以外にも、お米や野菜などもゴミ箱に放り込まれているそうです。

きっと、福島まで訪ねてきてくれたお礼として、一生懸命お米を包んだり、野菜を持って帰りやすいように袋に入れたりしたはずです。
そのおたくでは言えないから持ち帰ってきたのでしょうが、捨てるパーキングエリアに勤務している人もその辺の住人なのです。
見たら辛い思いをするのはわかっているのに、いや、わかっていないのでしょうか。
誰でももちろん、原発事故があってから、放射線などに対する不安はあると思うんですが、あまりにも心無いことをする人が多いような気がします。

実際、風評被害に悩み、自殺する人もいたりするそうです。
一生懸命心を込めて野菜などを作っていた人に多いのだと聞きました。
一生懸命調べて、大丈夫というデータを出しても信じてもらえない、もうだめだ、と。
その人たちが悪いわけでもなんでもないのに。

福島から避難してきた人に対してもひどい暴言を吐いたりする人も多いそうです。
子どもを一緒に遊ばせないでくれ、と学校や幼稚園に頼む親や、みんなが怖がるから講演で遊ばせないようにと言う地域の人間などなど。
最近の人たちは、もしも自分がその立場にあったら、と考えることが出来なくなっているような気がします。

事情がわかっている大人でも辛いのに、何もよくわかっていない子どもがそのように差別されたら、一生心に傷が残るに違いありません。
本当に怖いのは原発以上に人の心ではないのかと、このニュースを見ながら考え込んでしまいました。

今年も収穫多し、ホワイトデー

バレンタインデーに毎年かなりの数のチョコをばらまく娘。
この社宅にはほかに女の子がいないので、彼女からのチョコを待っている男の子も多いのですが、クラスの男の子たちも同じく、待っていたりします。
友チョコと言いつつ、やっぱりみんなチョコをもらえるのは嬉しいようです。
もらって帰った男の子のお母さんの話を聞くと、友チョコだから!と言いながらやはり嬉しそうに、わざと見える場所で食べているんだそうです。

そしてばらまいた種を収穫するのがホワイトデー。
今回もウハウハで帰宅です。
チョコ作ったのは母なんですけど・・・。
クラスの男の子からのお返しは結構ゴージャス。
ホワイトデー用にお店で売っているクッキーのセットなんかもありますが、意外に娘が喜んだのは、お店に売っているかわいい小さなチョコレート菓子をいろいろ詰めたセットのようでした。
これはお母さんの作戦勝ちだわ~。
子どもが喜びそうなものをちゃんと理解しています、さすがです。
お菓子ではなく、かわいい文房具をくれた子もいました。

ホワイトデーには、社宅の小さい男の子たちが、お母さんに連れられてお返しを持ってきてくれたりもします。
恥ずかしそうに渡していくその姿が愛らしいんですよね。
チョコをもらったときは手放しで「やった~!」と喜ぶのですが、渡しに来るのはまた気分が違うんでしょう。

かくして今年も無事にホワイトデーが終わろうとしています。
我が家ももらった分はちゃんと返したし、渡し忘れはないはず。
さぁて、来年は娘も中学生になっています。
そろそろ、バレンタインデーに本命を渡すようになってくるでしょうか。
その時はきっとホワイトデーもそわそわしながら待つようになるんでしょうね。
なんだかその姿が楽しみな母なのでした。

たまには店を変えてみるものだ

私たち夫婦がよく行くラーメン屋さんは、スーパーと携帯ショップ、そしてファミリーファッションのお店が同じ敷地内にあります。
総合ショッピングモールというにはあまりにもしょぼいのですが、そうなるのでしょうか。
おかげで駐車場がとても広いので助かっています。

せっかくなので、ラーメン屋さんを出た後、スーパーへ買い物へとでかけました。
ここは特売日はびっくりするくらい人が多くて、しかも安いものを数量限定で売るのでみんなが殺気立っているという恐ろしいところなのです(笑)
なので、私は特売日はいくら安くてもここには来ないことに決めています。
なんせ、駐車場まで人が並び、誰一人よけようとしないので駐車場に車をとめることもままならないのですから。

でも、そうでない日はガラガラ。
ゆっくり買い物ができます。
うちの近くのスーパーと品ぞろえが違うので、たまに来ると楽しいのです。

そしてここに、豚牛共にスペアリブがあることを発見してしまいました。
我が家の子どもたちはスペアリブが大好きなのです。
ですが、タイミングが合った時にしか購入できず、見つけたら大慌てで買い占めると言った具合でした。
なので、常に売っているところを探していたのですが、まさかここにあるとは。
これでスペアリブ煮込みも焼肉もいつでもできます♪

そして、ここできんかんを発見しました。
生のやつです。
旦那さんは大喜びで購入しました。
砂糖漬けなどはたまに見かけるのですが、生の状態のものはなかなか売っていませんからね。
家に帰って嬉しそうに食べておりました。
私はどうも苦手なのですが、旦那さんは1パックでは足りなかったらしく、もっと買っておけばよかったと残念そう。

同じところばかりでなく、やはりたまには違うところに行くのも大切ですね。

お昼はラーメン屋さんへ

「ラーメン食べに行こう!朝から無性にラーメンの気分なんだっ!」
勢い込んで帰宅した夜勤明けのわが夫。
ラーメンの気分って、別に今日だけじゃあるまいし・・・(笑)
まぁとにもかくにも、ラーメンを食べに行くしかなさそうです。

夫が向かった先は、車で10分ほどの比較的近くのラーメン屋さん。
特性辛みダレが乗ったこってりとんこつラーメンがお気に入りなのです。
私はここのラーメンはどうも好きになれないので、いつもチャーハン。
特に辛子高菜を使った辛いチャーハンがおいしいんです。
でも、今日はチャーシュー丼も気になる。
「チャーシュー丼にしようかなぁ」とつぶやくと、夫、残念そうに「え~、高菜チャーハンじゃないの~?」とのたまうのです。
食べたかったのね・・・(笑)
「あのさ、俺がミニチャーシュー丼付きのセットを頼むから、そっちはチャーハンにしない?」
はいはい、おっしゃるとおりにいたしましょう。

とっとと注文を済ませ、おしゃべりしながら待っていると、まずラーメンが登場です。
辛みダレが真ん中に鎮座した、脂こってりのラーメンをおいしそうに食べる夫。
いつにもまして嬉しそうです。
よっぽどラーメン気分だったのでしょうね。

少しして、私の辛子高菜チャーハンと、夫のミニチャーシュー丼と餃子のセットも登場です。
チャーシュー丼を一口貰うと、これがおいしいんです。
しまった、こっちにすればよかった、と思いましたが、もう仕方ありません。
次は夫に惑わされず、チャーシュー丼を頼もうと心に決めました。
まぁもちろん辛子高菜チャーハンもとてもおいしいので、私も大満足なお昼ご飯となりました。

でも、そのあと口の中が辛くって(笑)
夫もラーメンに辛子高菜を入れすぎて辛い辛いと言うので、すぐそばにあるスーパーに寄ってウーロン茶を購入して帰宅したのでした。

楽しいパーティー

我が家では、数か月に一回、主人が夜勤の日を狙ってしばしば行われるイベントがあります。
それは「お菓子パーティー」。
子どもたちが、お友達が来たときや普段のおやつの時に食べ残したものをいろいろ集めてパーティーをするのです。
要は、お菓子が湿気たりする前に食べてしまいたい、ゴミにしたくないという私のたくらみのもと行われるお菓子一掃デーなんですけどね。

でも当然子どもたちは大喜びです。
だって、晩御飯がお菓子って夢のようでしょ?
もちろん、それだけで足りない場合の事も考えておにぎりなどは準備しているのですが、ちょっとずつ食べると意外にお腹がいっぱいになるというか、心も満足するというか。
お菓子で終わってしまう事も多いです。

昨日の夜も久々にお菓子パーティーが行われました。
本当は冷凍のちゃんぽんを作るつもりだったのですが、子どもから「最近お菓子パーティーをしてないよ。」と催促され、急きょ開催です。

お菓子のラインナップは、キャラメルポップコーンにチップスター、きのこの山、そして数個ずつ残っている、お友達と交換したお菓子などなど。
甘いものが多かったので、ウインナーとチキンナゲットなどを準備し、まさにパーティー風です。
飲み物は牛乳やお茶などですけどね。

お菓子パーティーの時だけは、晩御飯時にテレビを付けてもOKになっています。
みんなでテレビを見ながらワイワイ。
学校であったことや、習い事であったこと、テレビの感想など、普段よりも口がよく動くようです。
たまにはこういうイベントをすることで、子どもとのコミュニケーションもとれるのではないかな、と勝手に思っています。
でも、そう思う事でこっそり家事の手抜きを正当化しているところもあるかもしれません~(笑)